2018年12月31日月曜日

2018年の締めくくり

今年も今日が最後になりました。

トロントにいる沢山の留学生さんたちは、
この時期年越しカウントダウン目指して
ニューヨークに行っている方も多いのでは
ないでしょうか。

トロントからはニューヨクまで

飛行機🛫なら1時間半ほど。
バス🚌なら12時間ほどかかりますが、

夜中トロント出発し、
寝ていたらお昼前についちゃうから

とっても楽ちん!

いいですねぇ、、トロント!


CNタワー


お隣の国🇺🇸の🗽ニューヨークも
めちゃくちゃ近い。


そして(ちょー寒い中←余計な一言)、
タイムズスクエアーで、
最高に楽しいカウントダウンを過ごす⭐️


一生に一度はやってみたいですね。
 
このタイムズスクエアーが人で埋め尽くされます!

そしてもちろんトロントでも市庁舎前の広場でコンサート
ありのー、花火ありのーのカウントダウンを楽しめます。


そして、私は、、、、年が開ける前に


今年感謝したいこと


沢山ある中から5つだけここに
書き出してみました。



1 Education Primeは、
素敵なスタッフ達に恵まれました😂。
ご縁があって新スタッフも増え、

本当に今のスタッフメンバー
超最高ぉ〜と思えるような人間性の方ばかりで、

私は心底
ラッキーで幸せ者だな〜🙏
と改めて実感中。


みんなありがとう💗


そして8月末に日本に帰国した(実は)
ちょー面白いスタッフだった
たかしさんもありがとう!

いつでも戻っておいでぇ〜(叫んでいます)

実はめっちゃおもろいスタッフ
Takashi さん


2 沢山の留学生やワーホリメーカーさんが
Education Prime

語学学校お手配、
ホームステイ、
または現地生活サポートを
利用してくださったこと。

こればかりはご縁ですので、
そして沢山ある留学エージェントの中から

選んでくださったり

何らかのご縁があったり

全ての出会いに感謝です😇。

大学を休学してワーホリで来ていた
Kengo 君(中央)


3 この夏姪っ子が日本から
1ヶ月短期留学に来てくれました!

これまた嬉しかったです🤗🤗🤗。

彼女が小さい頃は、
外国人が怖くて、

外国人がいたり、見ると

『あかんよぉ〜、こっちに来たらあかんヨォ〜』

といって大粒の涙を流しながら
泣き叫んでいたのに、、、、

今やカナダで英語学びたい!!ですって


Σ(・□・)


そんな嬉しいこと😉😉😉


少なからず私や従兄弟にあたる息子の影響が
あったとすれば、、、

なんと素晴らしいことなんでしょうか。

高2の姪っ子(左)
夏のカナダ短期留学でenjyoi!


4 息子と一緒に、2週間かけて
スコットランド&イギリスそして、
アイスランドへプチ列車の旅!
*アイスランド電車ないし、、、


『車窓の窓よりをやってみるの巻』

ができたこと。 

旅行はやっぱり楽しいし、最高 ✈️ 
来年も続けて行きたいですね。

車窓の旅(イギリス)


5 自分自身を見直す時間や機会が与えられたこと。

一年あれば人間色々あります。

良い事も沢山あるけど、
反対に嫌なこと?だったり
ありえないっていう出来事だったり、
腹立たしさだったり、、、

でも、起こる事のが全てが
自分が映し出していたり作っている
世界なんだと身をしみて感じれるようになったこと。

これはめちゃくちゃ深かったです!


と、もっともっと感謝したいことがあるのですが
書ききれないので、

これ以降は心の中で感謝です。




これを読んでいただている
皆さん、
そして私の周りの皆さん、
家族、
お友達、
仕事関係

の人も含め

みーんな、みーんな、

今年も大変お世話になりありがとうございました。

お陰様で今の自分がいて、今ここカナダのトロントで
幸せに暮らしていています。

Again, Thank you very much! 


来年度も感動や感謝が沢山ある、
そんな年にして行きたいと思っています。


For the last ・・・
実は私、2019年は年女です。

うわっ!


言ってしまいました・・・ʕʘ‿ʘʔ 
あのぉ、、、36歳じゃないからねっ(笑)

 2019年はイノシシ年

Happy Life in Canada! 

2018年12月30日日曜日

英国列車の旅 – ②エディンバラ 

実は今年最後のブログをとおもいきや💦

いやいや、
これちょっと中途半端じゃない〜


と思い立ち

2018年最後のブログの前に
エジンバラ編②をせめて終わらせたい!

と、気を取り直し、、、

ーーーーーーーーーーーーー

スコットランドといえば

タータンチェックのキルト!

息子は半分の血がスコットランド系カナダ人なので
『正装としてこの際キルト一式あつらえますかぁ〜。』
モードに
理由もなく一人でなってたんです😅。

実は密かにキャンディキャンディのアンソニーに
憧れていたり、、、💗って古っ。

キャンディキャンディ?!
何それって思う人も多いかもですね😜。


とにかく、キルト柄って
日本の家紋ようなものと同じで
氏族(クラン)ごとに定められた
パターンがあるそうです(゚ω゚)。

スコティッシュからきている姓、

『Minnery』

のパターンを探してみましたが
な、な、な、ないぃ〜:;(∩´﹏`∩);:

もともとないよと聞いていたのですが、、、
ちょっと残念。


気を取り直し、、、
今度は義理母方の

『Muir』
でトライ!

おぅ、あった!
これです🔻




でもねぇ、、これで一式揃えると

ちょぉ〜高っかいんですよぉ〜。

(いやぁ、バクパイプなしでもね・・笑)

街中でバグパイプを演奏する人

しかも成長期の息子に今作ったら
絶対に来年着れない!
ちゅーかスカートだから関係ないのかぁ?!

『あっても今年いつ、どこで着るねん』

と自分に突っ込んであっさり、

『引けぇ〜、引けぇーい』

ですよ!

だからお土産やさんでハンティングキャップだけ
かぶって撮影📸(バシャリ)


(え?かわへんのぉ〜、
             うん、買わない)



キルトの話が長くなってしまいました。


さて、エジンバラですが、
もちろんできるだけ観光スポットは抑えたい!

市内を回るバスツアーも考慮してみるものの
地図を見ていると、

『これ歩いて回れそうじゃない』
と、思い立ち観光バスや〜めて、
ひたすら歩くことにしました。
*密かにこれで痩せるんじゃないかと期待しつつ、、

ま、途中辛くなったら
市バス(Lothian Bus/Firstの2社が走っています)
に乗っちゃえーの巻!

実際のところ、ほとんど歩いて回れました。
ちょっとしんどかったけど、
小さい子連れでない場合は問題ないと思います。

(結論)11歳の息子は(かなり)
ブツブツ言いながらも歩いていました。


とにかく初日は、
もう遅い午後だったけど
まずは市内を一望したし!
カールトンヒルへ。

宿は、トラムの「York Place 駅」から
Broughton St. を5分ほど下ったところ
だったのですが、そこから徒歩でだいたい
30分くらいだったような気がします。


歩きづづけての到着だったので
最後の坂道&階段が辛かったけど

とっ〜ても景色がよかったです。

街の全景

ネルソンモニュメント

アーサーの玉座

ナショナルモニュメント



宿に帰る途中にラーメン屋さん発見!



息子が『ラーメン』食べたいというので
今日の夕食はラーメンに決定!


豚骨ラーメン

焼き鳥丼

を食べました。

😭😭😭😭😭
失敗です!

息子は注文したラーメン2口で

『もういらない』と、、

私は何とか、頑張って7.32543割完食😣。

もう来ない、、、
ごめんなさい。

無理👹

後でカナダドルで計算してみると、
なんとこれだけで
$50くらい。

高っかぁ〜💰💰💰
 
今日は我慢して明日の食事に期待しよう。

エディンバラ編③へ続く。


Happy Life in Canada! 

2018年12月12日水曜日

『ことたま』という本

江原啓之さんの書籍に

『ことたま』

という本があります。





もう10年ほど前に購入した本ですが、、

っていうか、私一度読んだ本ってほとんど
読み返さない人なんですね😅 

そのくせ捨てずに置いている、、、
意味ある?!みたいな、、、、

でも最近、以前に読んだ本をチョコっと
読んでみたりするようになりました。 

結構発見ありますねぇ〜。

良く言えば、自分自身が成長しているのか、
違う次元にいるのか、
理解の度合いが上がったのか。

おそらくその時は流し読みしていた箇所に、
『ああ、そう言うことか!』とか、
『なるほどぉ〜』とか、
『深いなぁ〜』とか、
思えたり、新しい発見があるわけです😄。

開いた頁に、

『人事を尽くして天命を待つ』
人間の手で、できることは全てやり尽くし、
あとは天命に任せるのみである。 

と、ありました。
うーん納得👍。

一部抜粋してみると

人生指針
『大丈夫かな?』と思う時間があるなら、
努力した方がいい。つまり思い悩んでいる
うちは、まだまだ力を尽くしていない状態
だということ。

また、

最後に、現在人がなぜせっかちなのかと
言えば、気が弱いから。
『自分にできることはすべてやった』と
言う自信のある人は、『あとは結果を待つだけだから』と
腹をくくることがができるのです。

そして

仕事
いつでも順調でなくてはいけないと
考えるのは、一年順が真夏であること
と望むようなもの。
けれども冬があるから、
夏の太陽が眩しいと感じるのです。





ちょとずれるけど、
トロントの季節もそうですよねぇ! 
夏が来た時に、極寒の冬を我慢してよかったぁ〜💞、
トロントの夏は最高に素晴らしい!と。


とにかく、それぞれの季節(時期・状況)に
あった素晴らしい過ごし方があり、
それをどう過ごすかによって
未来が変わってくると言うことを
おっしゃっています。 

そして、

運が悪いと落ち込んだり、現地から逃避しては
いけません。冬は自分を見つめる、コツコツを
実績を積む、何かの資格を取るなど、自らを磨
く時期だと心得て、精進に励むことが大切。

と、、うーん。おっしゃる通り、と
この歳になってからやっと
前より深く理解できる、
わかることがあるなぁ〜と感じました。

例えば、仕事が見つからない時、彼氏ができない
時期を冬と例えると、落ち込んだり悩んだ利せず、
その時期は自己投資しながら、自分磨きに力を入
れればいいのです。

その為の時間をくれている!

冬眠するように、春や夏のチャンス機に向けて
必要な準備をしていればいいのだと、、、、。 


また、留学時期に例えると
ってかなり話がよれてますけど😅)

日本にいる生徒さんへの留学カウンセリング
でも普段からいっているのですが、

特にワーキングホリデーでいらっしゃる方は、
大体3ヶ月ほど語学学校に通学してから
アルバイトを始められる方が多いのです。
この3ヶ月なりの通学を可能であれば
冬期にあわせてカナダにくるように
おすすめしたりします。 

トロントの冬はとっても寒いので、
まず仕事があまりない(´Д` )。

例えばレストランでの仕事だとすると、
人が外に出ないから
お店にお客が来ない募集があまりかからない。
と、言う具合です。



その反動で、夏は素晴らしく
過ごしやすいので、レストランも
大繁盛忙しい募集が多い仕事が増える
と言う具合ですが、

大抵の方は春先4月ごろから夏にかけて
トロントにこられます。 

そうなると一番仕事の募集も多いし、
稼ぎどきに語学通学する事になり、
夏の終わりから秋頃に

『さ〜て、そろそろアルバイトでも始めよう!』

とすると

『あれ?仕事の募集あまりなくない〜?!』

みたいなことに陥ります。 



勿論冬でも全くお仕事が
ないわけでないですのでご安心を☝️


だから冬にトロントに到着し、
まずは英語習得に集中。

冬はどの語学学校も生徒さんが少目だから、
ごちゃごちゃしておらず、
落ち着いて学べるのが利点😇。




英語とトロント生活に慣れてきた春頃に
お仕事探し開始!

この時期から必然的に
仕事の募集も増えてくるので

一石二鳥🐤🐤という訳です。 

と、最後にトロント留学の話で
締めくくってしまいました。 


Happy Life in Canada! 

2018年12月7日金曜日

トロント ダイソーもどき!

お友達から巨大ダイソーもどきが
オープンしたと
教えてもらい
早速行ってみました。


店名は、OOMOMO (大桃らしい・・)
場所は車がないと少し行きにくい
896 Don Mills Road(JCCC近く)
TTCだと、エグリントン駅から 🚌バスですねぇ(◞‸◟)
ちょっと不便なロケーションですが、 店内結構楽しいから
是非一度行ってみてください。



夕方行ったので暗いですけど、、



店内に入ってみると『広っ!』
マジで超広い(◎_◎;)











そして、店員さんが日本のように
『いらっしゃいませぇ〜』
と言ってくださる。
(でも多分日本語は話せないಠ_ಠ)

とにかく、女性なら1時間は
余裕で時間潰せます💟
久々に日本のダイソーショッピング
気分はいかがでしょうか。

店内は、こんな感じでかなり色々あります。













これは会計






今回私がゲットしたのは、これ↓


美容師さんから100均とかでヒートカーラーを買って
完全に乾く前の髪に巻いてドライヤーかけるといいよと
勧められていたので、ちょうどよかった
💗

息子の弁当箱(ちょっと小さい?😅)


全部で10ドル以下でしたぁ〜。

日本で買ったほうがもちろん安いけど、
カナダでこの値段で
ゲットできるなら悪くないですよね😁。 


Happy Life in Canada!