2015年12月4日金曜日

トロントからニューヨーク 入国編

こんにちは。この週末はニューヨークに遊びに行ってきました。

トロントの醍醐味の一つは、世界の大都市、ニューヨークが身近な事!
年に数回、遊び、いや、お買物ついでにミュージカル鑑賞など
をしてくるのが私の楽しみの一つでもあります。 

トロントからニューヨークへは、飛行機でならたったの約1時間半程。
*ちなみにバスなら12時間程かかりますが、費用は飛行機と比べると
3分の1〜5分の1程節約できます。 

しかし、しかし、今回は参りました(^^;)
土曜の朝にでて、月曜午後にトロントに戻る予定だったのですが、、、

まず、トロントからアメリカへ飛行機で行く場合、アメリカの入国審査は
トロント出発前に行われます。
要は飛行機に乗る前に、入国審査をすませてしまうわけです。
ちょっと面倒かと思いますが、アメリカに到着してからはスムーズなので
結構お気に入り☆彡
注意)飛行機のチェックイン後、時間帯によっては長蛇の列に並び、アメリカ入国審査を受け、
荷物を預け、セキュリティーを通過してからゲートにいくため、十分時間に余裕をもって空港に
到着するようにしておいてください。(しかも私のような目↓にあうと、大変なことになります。)


トロント ピアソン空港

今回、とにかくアメリカの入国審査まで進んだのはいいのですが、

オフィサーが『で、ESTAは?』 

???????  (はぁ~?) 

以前取得したものが、期限切れだったので、1ヶ月ほど前に
新しく取得したばかり!

とにかく『もちろん取得しています』と回答。

オフィサー 『いつ取得した?』

私 『1ヶ月前です』

オフィサー 『何月何日に取得した?』

私 『日付は覚えていないですが、確か1ヶ月前です。』

オフィサー『具体的に? 』

(取得した日付なんて覚えていますぅ?普通~。)
私 『えっとぉ、一ヶ月ほど前です』 と、繰り返したのですが、
何月何日と相手も繰り返します。

とにかく、『君のESTAのデーターがない!』の一点張り。

毎度、ESTAの番号は念のため持参しているのですが、
なぜか、なぜか、なぜか、今回は(いつもみられないからという理由で)
持参していなかったのです。 

ガーン

そうこうしているうちに時間がどんどん経ち、今度はフライトの出発時間が
気になってイライラ、、、、、オフィサーもイライラ。 

そうそう、先日ESTA代を支払ったクレジットカード支払明細はあるからと
(なぜかこれはもっていた)、見せてみた!
オフィサー『うーん、そうみたいだけど僕のデーターに記録にはないからだめ』

ええええええええぇ~どないすんのぉ~!

結局、入国審査の外に連れていかれ(いや戻されたといったほうがいいかもしれません)、そこに設置されているパソコンでESTAを一から申請するように指示され、2度ESTA代を支払う羽目に。。。
*心中、ひっそり、この際ESTA代金なんでどうでもいいけど、もう一回あの長い列に並べちゅーんかい!と呟きながら…

とにかく、飛行機に乗り遅れると、自分的にはかなり急いでやっていたのですが
痺れをきらせた、オフィサーが戻ってきて、
(いや、戻ってきてくれたことに実は驚ききました)

『まだやっとんかい!はよせんと、飛行機おくれるでぇ〜』
(あ、大阪弁に翻訳したらこんな言い方でした^^;)

とにかく、顔は怖いけど、なんだかやさしいかもオフィサーが
手伝ってくれて、やっと終了!
別の入口から入国審査のところに入れてくれ、そのまますぐ審査終了。

『走れ!!!』

と言われ、セキュリティーを通り、ゲートまでダッシュ!!
久々に息切れモードでやっとたどりついたら出発時刻丁度の

10:15am

やったぁ~滑り込みセーフ!!!と、カウンターにいるお兄さんに、
航空券とパスポートを

はい〜!!!!

(何を思って、セーフと思ったのか今になってみると不思議ですが、、)

お兄さんが一言。 

TOO LATE! 


うっそぉ~!!!!!!
朝7時半に家をでたのに、かなりショックです。
次のフライトは12時過ぎ!

結局空港でブラブラ〜。

そして、その後私のトラブルは、まだまだ続きます。
(次のブログで書きますね!)

**今回の学び**
皆さん、アメリカへ空路で入る場合、ESTAが必要です。
ESTAを申請したら、その申請番号も控えて念のためにパスポートと
一緒にもっておきましょう。

Happy Life in Canada!

☆EPメンバーの方で、ESAT申請が必要な方はお手伝いしますので、
EPオフィスにいらしてくださいね! 
勿論ニューヨーク情報も一緒にお教えします!